【Lesson】深堀圭一郎のあるあるミスを深ボリして問題解決!「苦手なバンカー」編

  • 2017/8/11

ショートゲームでアマチュアが最も苦手にしているのがバンカーショット。
一発脱出できないと、大叩きホールになる可能性が高い。

ビビるとバンカーはミスになる!

アマチュアゴルファーのバンカーショットを見ていると、不安を感じながら打っている人が多いですね。不安を感じるために、インパクトを緩めてしまったり、体重移動が上手くできずにミスになる。しかも、前のホールでバンカーショットをミスしていると、次のバンカーもビビってミスになりやすい。バンカーショットはインパクトが緩んだら、絶対に脱出できません。思い切りの良さも必要です。

重心が高くなると、右足体重になってしまう!

全体的にアマチュアは、バンカーショットでの重心が高くなりすぎています。プロは、もっと腰を落として、重心を低くして打っていますが、それは、バンカーは足場が不安定なので、なるべく下半身を安定させるためです。重心が高く、しかもビビリながらスイングしてしまうので、アマチュアの人は右足のカカトに体重が残ってしまい、その結果、ダフリにつながりやすいのです。


右足に体重が残ると、腰が引けてしまってパワーが伝わらない。

腰を落として、アドレスから少しツマ先体重にする!

バンカーショットでのカカト体重は一番やってはいけないこと。だから、バンカーが苦手な人は、アドレスから少しツマ先に体重をかけてください。そのツマ先体重をキープしたままスイングすれば、体重がツマ先側にあるので、前傾角度が変わりにくくなります。その結果、スイング軌道も安定。ツマ先体重にするときに、腰をしっかり落として構えることが大事です。よくアマチュアの人は、バンカーショットを打った後にバランスを崩してしまいますが、それは重心が高いことが原因。
重心を落として、ツマ先体重にすれば、バンカーショットも得意になるはずです。

腰を落とすときも、前傾角度はキープしたままで、重心を下げることが大切。

日本を代表する理論派プロ

深堀圭一郎

ふかぼり・けいいちろう(フォーラムエンジニアリング)
1968年10月9日生まれ。173㎝、68㎏。92年にプロ入りして、日本を代表するショットメーカーとして、ツアー通算8勝を誇る実力者。ツアーを代表する理論派でもある。

さて、ゴルフトゥデイ9月号では「深堀プロ」が”あるあるミス”を解決するテクニックを解説。
より詳しい内容は本誌「ゴルフトゥデイ9月号」でじっくりと研究してみてください。
あなたもこれで80台が狙えますよ。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る