北野正之 ミスを続けないためのプラスαレッスン パート1

  • 2013/6/8

「ミスを続けない本」のプラスαPart1

コースでミスを続けない即効レッスン パート1(解説/北野正之)

北野正之493号で紹介された綴じ込み付録「ミスを続けないためにコースで読む本」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

朝イチのパットはオーバー・ショートのタッチも試す

朝イチのパットはオーバー・ショートのタッチも試す朝イチの練習グリーンではぜひともショートするタッチとオーバーするタッチも試しましょう。ジャストタッチだけでは距離感はつかめません。どれくらいでオーバーするのか、ショートするのかを試すことで距離感を合わせやすくなります。

10mパットで5m→15m→10mの順で距離感を合わせる。

10mパットで5m→15m→10mの順で距離感を合わせる。

オススメなのが10mの距離感で5m→15m→10mの順でパット練習する方法です。ロングパットは特に距離感を合わせづらいので、ショート→オーバー→ジャストタッチの順でストロークすることで、ロングパットの距離感がつかみやすくなります。あくまでジャストタッチのストロークは最後にしましょう。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ブリヂストンスポーツから高初速・高打出しで最大飛距離を追求した飛距離モンスター『TOUR B JGR…
  2. ヤマハゴルフがプロと共に約2年間共同で開発した新設計ソール「アクティブソール for wedge」に…
  3. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  4. すべてのプレーヤーにまっすぐ遠くに飛ぶ気持ちよさを。 最大の飛距離と許容性をもったタイトリスト。 …
  5. 山中、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の前に姿を現し、目指す地へ導いたという吉祥の犬。古来より神…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る