北野正之 ミスを続けないためのプラスαレッスン パート4

  • 2013/6/28

「ミスを続けない本」のプラスαPart1

コースでミスを続けない即効レッスン パート4(解説/北野正之)

北野正之493号で紹介された綴じ込み付録「ミスを続けないためにコースで読む本」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

右肩が下がるならば、球位置は”左”。

朝イチのパットはオーバー・ショートのタッチも試す

球位置を左に置くと、右肩が下がり、上体が右に残る凡ミスがなくなります。この動きはどの番手でもスライスやダフリなどの原因になります。”上体右を防ぐなら球位置は右”。これを覚えておきましょう。

上体が突っ込むならば、球位置は”右”。

10mパットで5m→15m→10mの順で距離感を合わせる。

一方でダウンスイングで左肩が下がり上体が突っ込む場合は、球位置を右に置くと、上体が右に残るため、右肩が突っ込んでフェースがかぶるヒッカケなどのミスがなくなります。”上体左を防ぐなら球位置は右”。これでドライバーでのテンプラなども防ぐことができます。球位置とスイングの相関関係を覚えておくと、様々な場面で応用できますよ。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る