フェアウエイキープ論の+1レッスン パート2

  • 2013/7/15

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

フェアウエイキープ論の+1レッスン パート2(解説/高見和宏)

高見和宏494号パート2のレッスン企画「フェアウエイキープ論」の中でレッスンをして下さったシニアプロ。その中から飛ばし屋の高見プロの+ワンレッスン。飛ばす分曲がるので、人一倍方向性には気をつけているんだって、その秘訣を聞いたよ。

曲がらないグリップ作りは上から握ろう!

曲がらないグリップ作りは上から握ろう!1

グリップを作るときに左手は、グリップの真横から握るのがよくいわれる作り方。しかし、こうすると左手が動かしやすくなり、方向性は悪くなります。僕は曲げたくない時は、左手をグリップの真上から握るようにしています。親指と人差し指の間のV字部分を、ちょうどグリップの中央に来るようにして握りましょう。こうすると左手首が固定されるように動かしにくくなりますので、フェースはブレなくなり方向性もよくなります。右手は軽く右から添えるようにして下さい。

曲がらないグリップ作りは上から握ろう!2

左手をグリップの横から握ってしまうと手首の自由が利いて動かしやすくなるので、ちょっとしたズレでフェースはブレてしまうのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る