竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート1

  • 2013/7/10

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート1(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

スイングは外に上げて内に下ろす“右回り”。

スライサーはインサイドに
テークバックする。

スイング中はグリップエンドを体に向けたままにする。1

 

スライスが多いアマチュアはいきなりインサイトにクラブを引いて、ダウンスイングでアウトサイドイン軌道になる人を多く見かけます。そういう人はテークバックはアウトサイドに上げて、ダウンスイングはインサイドに下ろす飛球線後方から見たら“右回り”のイメージで振ると、クラブがインサイドから入って球がつかまりやすくなるので、挑戦してみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る