竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート1

  • 2013/7/10

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート1(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

スイングは外に上げて内に下ろす“右回り”。

スライサーはインサイドに
テークバックする。

スイング中はグリップエンドを体に向けたままにする。1

 

スライスが多いアマチュアはいきなりインサイトにクラブを引いて、ダウンスイングでアウトサイドイン軌道になる人を多く見かけます。そういう人はテークバックはアウトサイドに上げて、ダウンスイングはインサイドに下ろす飛球線後方から見たら“右回り”のイメージで振ると、クラブがインサイドから入って球がつかまりやすくなるので、挑戦してみてください。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る