竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート2

  • 2013/7/17

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート2(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

フォローでもトップでの視線を変えない。

スライサーに有効な特攻策。

フォローでもトップでの視線を変えない。

 スライサーに有効な即効防止策が、フォローまでトップの視線を変えないこと。私もスイング中はフォローまで球を見る意識でスイングします。そうすると、自然にビハインド・ザ・ボールの状態となり、球がつかまります。特にスライサーの方は、トップでの視線をフォローまで保つ意識を持つことで、ゴルフ場のスライス防止に効くので、ミスが出たら試してみてください。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る