竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート3

  • 2013/7/24

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート3(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

ダラリと両腕を下げた位置が正解。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

チョロが出やすい人は、アドレスでのボールとの距離感が遠いのが原因であることが多いです。両手が肩よりも前(ボール側)に出ている可能性が高いです。アドレスでのグリップの位置は、肩の真下であるのが正解。両腕をダラリと下げた位置でグリップするクセを練習の時からつけるようにしましょう。それだけでも効果はあるはずです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る