竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート3

  • 2013/7/24

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート3(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

ダラリと両腕を下げた位置が正解。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

チョロが出やすい人は、アドレスでのボールとの距離感が遠いのが原因であることが多いです。両手が肩よりも前(ボール側)に出ている可能性が高いです。アドレスでのグリップの位置は、肩の真下であるのが正解。両腕をダラリと下げた位置でグリップするクセを練習の時からつけるようにしましょう。それだけでも効果はあるはずです。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る