竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート3

  • 2013/7/24

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート3(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

ダラリと両腕を下げた位置が正解。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

チョロが出やすい人は、アドレスでのボールとの距離感が遠いのが原因であることが多いです。両手が肩よりも前(ボール側)に出ている可能性が高いです。アドレスでのグリップの位置は、肩の真下であるのが正解。両腕をダラリと下げた位置でグリップするクセを練習の時からつけるようにしましょう。それだけでも効果はあるはずです。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ヤマハゴルフがプロと共に約2年間共同で開発した新設計ソール「アクティブソール for wedge」に…
  2. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  3. すべてのプレーヤーにまっすぐ遠くに飛ぶ気持ちよさを。 最大の飛距離と許容性をもったタイトリスト。 …
  4. 山中、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の前に姿を現し、目指す地へ導いたという吉祥の犬。古来より神…
  5. ヨネックスから、衝撃吸収性と反発性を併せ持つ素材パワークッション®をさらに進化させた「パワークッショ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る