竹村真琴の1Wのミスをなくすプラスαレッスン パート3

  • 2013/7/24

「フェアウェイキープ論」のプラス1Part1

1Wのミスをなくす実戦レッスン パート3(解説/竹村真琴)

494号で紹介されたレッスン企画「ドライバーの”ミス”即効対応できる マコナビ」では紹介されなかったレッスンをちょい出しします。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

ダラリと両腕を下げた位置が正解。

チョロをなくすなら両手は肩の真下。

チョロが出やすい人は、アドレスでのボールとの距離感が遠いのが原因であることが多いです。両手が肩よりも前(ボール側)に出ている可能性が高いです。アドレスでのグリップの位置は、肩の真下であるのが正解。両腕をダラリと下げた位置でグリップするクセを練習の時からつけるようにしましょう。それだけでも効果はあるはずです。

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る