「べっぴんアプローチ術」のプラスαレッスン PART1

  • 2013/8/5

495-Part5-L

「凡ミスをなくす”ちょいコツ”とは?」

495号のパート5企画「女子プロのべっぴんアプローチ術」からプラスαレッスンを紹介します。

photo_lesson_494_Idogi_1-1+

意図的にフェースを
ちょいオープンで手の通り道を作り、
手元を低く出してフォロー。

アプローチでザックリやトップを防ぐには、ややオープンスタンスがオススメ。オープンスタンスにすることで、左サイドの懐が深くなり、フォローが出しやすくなります。なおかつ、フォローでは手元を低く収めることで、ザックリを防ぐことにつながるのです。

 ──────────────────────────────

 photo_lesson_494_Idogi_1-1+

手で上げようとすると、ザックリになる。

球を上げようとして、手先で振り上げると、手元が高くなってしまいトップ等のミスが出やすくなるので、決して上げようとせずに手元を両腕の三角形を維持しながら、手元を低く収めるように心掛けましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る