「べっぴんアプローチ術」のプラスαレッスン PART1

  • 2013/8/5

495-Part5-L

「凡ミスをなくす”ちょいコツ”とは?」

495号のパート5企画「女子プロのべっぴんアプローチ術」からプラスαレッスンを紹介します。

photo_lesson_494_Idogi_1-1+

意図的にフェースを
ちょいオープンで手の通り道を作り、
手元を低く出してフォロー。

アプローチでザックリやトップを防ぐには、ややオープンスタンスがオススメ。オープンスタンスにすることで、左サイドの懐が深くなり、フォローが出しやすくなります。なおかつ、フォローでは手元を低く収めることで、ザックリを防ぐことにつながるのです。

 ──────────────────────────────

 photo_lesson_494_Idogi_1-1+

手で上げようとすると、ザックリになる。

球を上げようとして、手先で振り上げると、手元が高くなってしまいトップ等のミスが出やすくなるので、決して上げようとせずに手元を両腕の三角形を維持しながら、手元を低く収めるように心掛けましょう。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る