「べっぴんアプローチ術」のプラスαレッスン PART3

  • 2013/8/19

495-Part5-L

「距離感を出すための”ちょいコツ”とは?」

495号のパート5企画「女子プロのべっぴんアプローチ術」からプラスαレッスンを紹介します。

目印に合わせ両足を閉じてフェースをセット。

 photo_lesson_494_Idogi_1-1+

球を右側見ながら打てば
体の正面でとらえられる。

距離感を出すには、フェースを返してアプローチするのが得策ですが、その前に上体が突っ込まないようにアドレスで球をやや右側から見るのが◎。インパクトまでヘッドの入り口を見ながら打てば、体が突っ込みません。

 ──────────────────────────────

photo_lesson_494_Idogi_1-1+

上体が左に突っ込むと
ザックリなどのミスに。

上体が突っ込んで、球位置よりも左に頭が移動すると、手先が打ち込むなどしてザックリのミスになるので、注意しましょう。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る