藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART1

  • 2013/9/5

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル1を正しく行なうためのプラス1レッスン。

スムースに体を回転させるためには、アドレスで作った前傾角を崩さないで素振りをすることが大切。アドレスの前傾角を保つには、右に体を回す時は右腰を、左に体を回すときには左腰を高くするようにしよう。こうすると前傾角の腰のラインが保たれたまま回転できるので、アドレスのとき作った前傾を崩さずに、体を回すことができるようになります。

──────────────────────────────

 

腰のラインが回転しているときに地面と平行になったり(左)、テークバックで左腰が低くなったりする(右)と前傾角は崩れてしまい正しい回転はできなくなる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る