藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART1

  • 2013/9/5

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル1を正しく行なうためのプラス1レッスン。

スムースに体を回転させるためには、アドレスで作った前傾角を崩さないで素振りをすることが大切。アドレスの前傾角を保つには、右に体を回す時は右腰を、左に体を回すときには左腰を高くするようにしよう。こうすると前傾角の腰のラインが保たれたまま回転できるので、アドレスのとき作った前傾を崩さずに、体を回すことができるようになります。

──────────────────────────────

 

腰のラインが回転しているときに地面と平行になったり(左)、テークバックで左腰が低くなったりする(右)と前傾角は崩れてしまい正しい回転はできなくなる。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る