藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART1

  • 2013/9/5

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル1を正しく行なうためのプラス1レッスン。

スムースに体を回転させるためには、アドレスで作った前傾角を崩さないで素振りをすることが大切。アドレスの前傾角を保つには、右に体を回す時は右腰を、左に体を回すときには左腰を高くするようにしよう。こうすると前傾角の腰のラインが保たれたまま回転できるので、アドレスのとき作った前傾を崩さずに、体を回すことができるようになります。

──────────────────────────────

 

腰のラインが回転しているときに地面と平行になったり(左)、テークバックで左腰が低くなったりする(右)と前傾角は崩れてしまい正しい回転はできなくなる。

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る