藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART1

  • 2013/9/5

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル1を正しく行なうためのプラス1レッスン。

スムースに体を回転させるためには、アドレスで作った前傾角を崩さないで素振りをすることが大切。アドレスの前傾角を保つには、右に体を回す時は右腰を、左に体を回すときには左腰を高くするようにしよう。こうすると前傾角の腰のラインが保たれたまま回転できるので、アドレスのとき作った前傾を崩さずに、体を回すことができるようになります。

──────────────────────────────

 

腰のラインが回転しているときに地面と平行になったり(左)、テークバックで左腰が低くなったりする(右)と前傾角は崩れてしまい正しい回転はできなくなる。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  2. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を…
  3. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…
  4. 精度と許容性をあわせもつ、精悍なキャビティブレード。 シンプルで美しく、コンパクトなヘッドサイズを…
  5. ~地域産業の振興のため、ふるさと納税を中心にゴルフギアをお届け~ ゴルフクラブ発祥の地、兵庫県市川…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る