藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART2

  • 2013/9/13

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル2を正しく行なうためのプラス1レッスン。

体の回転でボールを打つためには、テークバック、ダウンスイングは体の回転を先行させて、手は遅れてついてきている感覚でいい。しかし、インパクト以降も振り遅れてしまうと、ボールは真っすぐ飛ばなくなります。そこでダウンスイング以降、フォローでシャフトを立てるような意識で右手を返しましょう。そうすることでヘッドは振り遅れることなく体の回転についてくるので、フェースにボールが真っすぐ当るようになり曲がらなくなるのです。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る