藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART2

  • 2013/9/13

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル2を正しく行なうためのプラス1レッスン。

体の回転でボールを打つためには、テークバック、ダウンスイングは体の回転を先行させて、手は遅れてついてきている感覚でいい。しかし、インパクト以降も振り遅れてしまうと、ボールは真っすぐ飛ばなくなります。そこでダウンスイング以降、フォローでシャフトを立てるような意識で右手を返しましょう。そうすることでヘッドは振り遅れることなく体の回転についてくるので、フェースにボールが真っすぐ当るようになり曲がらなくなるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る