藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART2

  • 2013/9/13

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル2を正しく行なうためのプラス1レッスン。

体の回転でボールを打つためには、テークバック、ダウンスイングは体の回転を先行させて、手は遅れてついてきている感覚でいい。しかし、インパクト以降も振り遅れてしまうと、ボールは真っすぐ飛ばなくなります。そこでダウンスイング以降、フォローでシャフトを立てるような意識で右手を返しましょう。そうすることでヘッドは振り遅れることなく体の回転についてくるので、フェースにボールが真っすぐ当るようになり曲がらなくなるのです。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ヤマハゴルフがプロと共に約2年間共同で開発した新設計ソール「アクティブソール for wedge」に…
  2. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  3. すべてのプレーヤーにまっすぐ遠くに飛ぶ気持ちよさを。 最大の飛距離と許容性をもったタイトリスト。 …
  4. 山中、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の前に姿を現し、目指す地へ導いたという吉祥の犬。古来より神…
  5. ヨネックスから、衝撃吸収性と反発性を併せ持つ素材パワークッション®をさらに進化させた「パワークッショ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る