藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART3

  • 2013/9/20

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル3を正しく行なうためのプラス1レッスン。

右手1本スイングは右手が利き手の人は、手だけで打てないわけではありません。しかし、それでは正しい動きをいつまでたっても覚えられないのです。ここで大事なのは、体の回転と手の動きに一体感を持って振らなくてはいけないこと。そこで左腰をテークバックでは右に回し、そこから一気に左に回し、ベルトのバックルが目標に向くようにしよう。こうすることで体の右サイドもスムースに動き、右手と体の回転が同調した右手1本でのスイングが作れるようになるのです。

──────────────────────────────

右手だけでも利き腕なら打てないこともないが、体はまったく回転しないので、飛距離も方向性もマチマチになってしまう。 

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る