藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART4

  • 2013/9/27

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル4を正しく行なうためのプラス1レッスン。

グリップエンドにティを刺して、ダウンスイングでボールに向けるように下ろすドリルなのですが、これはシャフトを立てて下ろすために行なうもの。アマチュアはダウンで手を使ってしまうので、シャフトが寝てしまいます。シャフトを立てるイメージとしては、トップで手が下でヘッドが上の状態から、インパクトでヘッドが下で手が上になるように入れ替える意識が大切。こうするとクラブが直線的に動きやすく、ヘッドは鋭角にシャフトが立ったまま下ろすことができ、ボールはつかまるようになります。 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る