藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART4

  • 2013/9/27

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル4を正しく行なうためのプラス1レッスン。

グリップエンドにティを刺して、ダウンスイングでボールに向けるように下ろすドリルなのですが、これはシャフトを立てて下ろすために行なうもの。アマチュアはダウンで手を使ってしまうので、シャフトが寝てしまいます。シャフトを立てるイメージとしては、トップで手が下でヘッドが上の状態から、インパクトでヘッドが下で手が上になるように入れ替える意識が大切。こうするとクラブが直線的に動きやすく、ヘッドは鋭角にシャフトが立ったまま下ろすことができ、ボールはつかまるようになります。 

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る