藤田寛之のアイアンが上手くなるドリル PART4

  • 2013/9/27

496-Part5-Fujita

藤田寛之 7番1本芯喰い! ドリル

496号のパート5の「アイアンで芯を喰う練習法を2012年賞金王 藤田に聞いた!!」の7番1本ドリル4を正しく行なうためのプラス1レッスン。

グリップエンドにティを刺して、ダウンスイングでボールに向けるように下ろすドリルなのですが、これはシャフトを立てて下ろすために行なうもの。アマチュアはダウンで手を使ってしまうので、シャフトが寝てしまいます。シャフトを立てるイメージとしては、トップで手が下でヘッドが上の状態から、インパクトでヘッドが下で手が上になるように入れ替える意識が大切。こうするとクラブが直線的に動きやすく、ヘッドは鋭角にシャフトが立ったまま下ろすことができ、ボールはつかまるようになります。 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る