「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」レア見せレッスン PART2

  • 2013/10/16

496-Part5-Fujita

497号のパート4企画「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

ショートパットでヘッドアップしていなくても、ロングパットになると、すぐカップを見てしまうアマチュアがいます。ロングパットでも基本はフォローまではアドレスがボールがあった場所を見るようにしましょう。それがロングパットの基本です。これを守るだけでもグッと距離感が良くなりますよ。

──────────────────────────────

ロングパットほど
ヘッドアップしがち。

ボールが左足ナナメ前辺りを通過するまでは、カップがあった場所を見るようにしましょう。もちろんフォローを出したあとはボールを目で追っていけばいいのですが、フォローを出したら流し目で球を追うことを心がけてみましょう。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. キャロウェイから発売され、大人気の4ピース構造を採用したウレタンボール「CHROME SOFT X …
  2. ブリヂストンスポーツが、2017年9月に発売するゴルフクラブ『TOUR B JGR』シリーズの試打会…
  3. 夏場のゴルフでスコアを落とす最大の原因と言ってもいい“夏ラフ”。 そこで、“アプローチ上手”な3人…
  4. 「飛び」と「スピン」の高次元バランスを追求したツアーボール『BRIDGESTONE GOLF TOU…
  5. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。Mizuno Proシリーズの中で最も…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る