「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」レア見せレッスン PART2

  • 2013/10/16

496-Part5-Fujita

497号のパート4企画「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

ショートパットでヘッドアップしていなくても、ロングパットになると、すぐカップを見てしまうアマチュアがいます。ロングパットでも基本はフォローまではアドレスがボールがあった場所を見るようにしましょう。それがロングパットの基本です。これを守るだけでもグッと距離感が良くなりますよ。

──────────────────────────────

ロングパットほど
ヘッドアップしがち。

ボールが左足ナナメ前辺りを通過するまでは、カップがあった場所を見るようにしましょう。もちろんフォローを出したあとはボールを目で追っていけばいいのですが、フォローを出したら流し目で球を追うことを心がけてみましょう。

 

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る