「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」レア見せレッスン PART2

  • 2013/10/16

496-Part5-Fujita

497号のパート4企画「勝負どころを1パットで決める 女子プロたちのスゴ技」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

ショートパットでヘッドアップしていなくても、ロングパットになると、すぐカップを見てしまうアマチュアがいます。ロングパットでも基本はフォローまではアドレスがボールがあった場所を見るようにしましょう。それがロングパットの基本です。これを守るだけでもグッと距離感が良くなりますよ。

──────────────────────────────

ロングパットほど
ヘッドアップしがち。

ボールが左足ナナメ前辺りを通過するまでは、カップがあった場所を見るようにしましょう。もちろんフォローを出したあとはボールを目で追っていけばいいのですが、フォローを出したら流し目で球を追うことを心がけてみましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る