「タメ&弾き系でバツグンの安定性!」森田理香子流セッティング術

  • 2015/6/28

2015/6/28

2013年の賞金女王に輝くなど活躍中の森田理香子プロ。
今日は森田プロのセッティングをご紹介します。

■ヘッドが走る「先硬シャフト」

1W:スリクソンZ725(9.5°/スピーダーエボリューション661/S/44.75 inch/306.8g/D0)
3W:スリクソンZ-TX(15°/スピーダーエボリューション661/S/42.5inch/320g/D0)
5W:スリクソンZ-TX(18°/スピーダーエボリューション661/S/41.5inch/327g/D0)
U4+:RMX(21°)
U5+:RMX(24°)
4I〜PW:スリクソンZ525(NSプロ950GH/S)
AW:クリーブランド588RTX2.0 PF(52°/10°/NSプロ1050/S/35inch/452g/D2)
SW:クリーブランド588RTX2.0PF(58°/10°/NSプロ1050/S/35inch/452g/D2)
Putter:ケーデンス TR パター Shea H

※1W〜5W、4I〜SW:ダンロップスポーツ、4U+・5U+:ヤマハ、Putter:ピンゴルフ

森田プロは1W〜5Wをスピーダーエボリューション661でそろえています。弾き系といわれる中でも先端が硬い設計のスピーダーエボリューションはしなる量が少なくてもヘッドがビュンと走って飛ばせます。下半身リードから強烈なタメを生む森田プロは短い範囲でしなり戻るスピーダーエボリューションが合っている様です。
ヘッド挙動を安定させるシャフトとディープフェースのスリクソンZ725との組み合わせでヒッカケを防ぎ、方向性安定&飛ばせる仕様になっています。

女子プロゴルファーの中でも人気の高いスピーダーエボリューション。ヘッドの走る「先硬シャフト」は今後も森田プロとともに要注目ですね。

※取材トーナメント:ダイキンオーキッドレディス・ANAインスピレーション・ヤマハレディース葛城

※ゴルフトゥデイ 2015年7月号より

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ゴルフシミュレーターメーカー、GOLFZON社の契約プロであり、愛らしいルックスと飾らない人柄で大人…
  2. 本間ゴルフが展開する、スコアアップを目指す熱意系アベレージゴルファーのためのブランド「Be ZEAL…
  3. 本年10月に、米国LPGAにて活躍するチョン・インジが来日したおり、ゴルフウェアブランド「&(アンパ…
  4. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…
  5. バッバ・ワトソンも愛用する、その鮮やかなカラーリングで見やすさと集中力を高めコースマネージメントをサ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る