二人三脚で表彰台!「清水キャディ(イ・ボミプロ帯同)ベストキャディ賞受賞」

  • 2015/6/30

2015/6/30

激戦のプレーオフを制してイ・ボミプロが優勝を決めたアースモンダミンカップ。
この日はペアを組む清水キャディも表彰式に一緒に出席。その理由は…?

■ベストキャディ賞を受賞!

現在イ・ボミプロの専属キャディをつとめるのは清水重憲キャディ。
なんとこの日は「ベストキャディ賞」がもうけられており、清水キャディが受賞!
めでたくイ・ボミプロと一緒に表彰式に出席したというわけです。

そんな清水キャディからゴルフトゥデイに喜びの声が届きました!

【清水キャディコメント】

「アースモンダミン・カップでは、初めてベストキャディー賞が設定され、ボミ選手の優勝のおかげで私がいただくことができました!
表彰式にもプロと一緒に出席なんて、大緊張! でも、キャディーとしては、これ以上ないくらいうれしいです!」

清水キャディといえば過去には谷口徹プロと上田桃子プロのエースキャディとして賞金王・賞金女王に貢献。今年はイ・ボミプロとのタッグも2年目となり、このオフに行われたイ・ボミプロのアメリカ合宿に同行するほどの信頼を得ています。イ・ボミプロの優勝を決めたベタピンショットも二人で練習してきた結果だったのですね。

(※清水キャディのコラムがゴルフトゥデイ2015年4月号に掲載中です)

選手が安心して力を発揮できる裏に清水キャディの様なたのもしい存在あり!後半戦も二人の活躍から目が離せませんね。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る