全英オープン攻略のカギ「セントアンドリュースの大改造 No.9〜17ホール」

  • 2015/7/18

ここ3回でのセントアンドリュースでの全英オープンの優勝スコアは16アンダー、14アンダー、19アンダーとメジャー大会にしてはややロースコアな展開。前回の全英オープンが終わってから2012年の冬に大規模な改修工事が行われ難易度が増している様です。改造は全部で9ホールで行われていますが、今回はNo.9・11・15・17番の4ホールの改修点を紹介します。

■No.9 約60年ぶりに新しいバンカーを配置

やや短めのパー4で、1打目でグリーン近くまで狙えた9番。その対策として、グリーン右に新バンカーを配置。バンカーが増えるのはなんと約60年ぶり!!

■No.11 グリーンをフラットにしてピン位置の難易Upが可能に

 グリーン左サイドに強烈な傾斜があったために、ピンの位置が限定されていた11番。今回はグリーンを少しフラットにして、難しいピン位置が可能になった。

 ■No.15 グリーン億に傾斜をつけたことで安全策がとりにくく

15番のフェアウェイは極端に狭い難関ホールだったが、さらにグリーン奥に傾斜をつけたことで、手前バンカーを避ける安全策がとりにくくなった。そのため狭いフェアウェイを外すと、さらにツーオンが難しくなってしまった。

■No.17 トミーズバンカーがさらに拡大!

コース最大の難関17羽には、中嶋常幸がバンカー脱出に4打かかったトミーズバンカーがあるが、今回はそのバンカーを拡大し、つかまりやすい設計に。

■「オールドコース攻略は”ゴロフ”が大事だよ」

全英オープンの現地解説でおなじみの青木功プロに攻略ポイントを伺ったところ「とにかくグリーン周りでも、2打目のアイアンでもコロがしが大事。ここでもゴルフではなく”ゴロフ”だよ」と語ってくださいました。

さて、世界のトッププロ達はどのように攻略するのでしょうか?
観戦がより楽しみになりますね。

※ゴルフトゥデイ 2015年8月号より

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 本年10月に、米国LPGAにて活躍するチョン・インジが来日したおり、ゴルフウェアブランド「&(アンパ…
  2. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…
  3. バッバ・ワトソンも愛用する、その鮮やかなカラーリングで見やすさと集中力を高めコースマネージメントをサ…
  4. ヨネックスが長き沈黙から、新たにその技術とクオリティーを駆使した新製品を発表した。このEZONE G…
  5. 世の中に発売されている大半のウエッジは、洗練されたフォージドタイプのウエッジが主流であり、ウエッジに…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る