前田陽子プロを優勝に導いたアイアン&パター!「PINGの新製品」発表

  • 2015/7/21

PINGから新製品が発表されました。先日のサマンサタバサガールズコレクションで通算2勝目をあげた前田陽子プロは今回発表された新製品を使用しての見事な優勝でした。発表された新製品を前田プロの使用ギアと共にご紹介したいと思います。

■アイアンとパターはこれから発売される新製品

今回前田プロが使用したギアは下記の通り。

・ドライバー:i25(10.5度)
・FW:G30(#3/#5/#7)
・ハイブリッド:G25(23度/27度/31度)
・アイアン:i(アイ・アイアン) #7~#9
・パター:CADENCE TR Piper T(黒TR)

このうちアイアンとパターはトーナメント開催直前に発表された新製品でした!

●アイアン i(アイ・アイアン)

軽量431 ソフトステンレスをフェースに採用し、心地よい打感に。バックフェースに配置したエラストマー素材の新型CTP(フェースバックに設けられた衝撃吸収用の壁のこと。「カスタム・チューニング・ポート」の略。)を低く配置し、深低重心となりボールが上がりやすい構造。また、3 ~ 7 番アイアンにはトゥ側に配置したタングステン・ウェイトでミスヒットに強く、どんな距離からでもグリーンを狙えます。

【前田プロのコメント】

最終日18 番のセカンドは、ラフから8 番アイアンで打ちました。
テストでもボールが上がってくれていたので、緊張したあの場面でも果敢にピンを狙えました。負けない弾道で攻めれました。高く上がってくれるので、飛距離もキャリーで2 ~ 3 ヤードは伸びましたね。やさしく攻められるアイアン。引き続き使い続けます!

【ゴルフトゥデイ編集部の試打感想】

すっきりとした顔でターゲットに向けて、すごく構えやすいし、バックフェースに新たに組み込まれた新素材の効力か、少し薄めの当たりでも飛距離があまり落ちない。やさしく打てて安心感のあるアイアンですね。

●ケーデンスTR Piper T

「パイパーT」は、ターゲットに向かって構えやす操作性も抜群のセミマレットの日本限定モデル。しっかりストロークできる軽めの「青TR」と、ショートパットを制する重めの「黒TR」の2 種類から選択できます。前田プロはトーナメント直前の7/15(水)にテストをして投入を決めたとのこと。前田プロは黒TRを使用されました。

 【前田プロコメント】

とにかくボールの直進性に優れたパターで、転がりが良かったです。
ファーストパットの距離感が抜群に良い!私は黒TR(17-4SS インサート)の打感が抜群に良く、すぐに実戦投入を決めました。ショットのように打てる形状で操作性もよく、違和感なく切り替えられました。

 ■他にもアイアン・ウェッジ・パターの新製品

前田プロ使用モデル以外にも新製品が発表されまています。

●G MAXアイアン

コア・アイ・テクノロジーと言われる最新の技術を取り入れPINGアイアン史上最大の飛距離を実現。アイアンでグリーンを狙うのに必要なすべての要素が詰まったアイアン。

【ゴルフトゥデイ編集部の試打感想】

フェース全体がたわむ構造のせいか、打感がすごくやわらかく感じた。簡単にボールが上がるので、ロングアイアンもやさしく感じました。

●グライドウェッジ

ロフト別に最適化され、進化した鋭角ゴージ溝で激スピンを実現!クロームメッキ仕上げ効果でぬ得れたコンディションからでも大幅にスピン量がアップ!4種類のソール形状をラインナップしているので幅広いプレーヤーに対応しています。ババ・ワトソンも使用中とのこと。

●ケーデンスTR Craz-e-r

初代クレイジーのヘッド形状が新サイトラインで復活!最大級に安定性を誇る大型マレット。ヘッド重量軽めの青と重めの黒の2種類となります。

●ケーデンスTR Ketsch Mid

安定感抜群のKetschが約30%コンパクトに進化 セミマレットに3本のサイトラインで狙った方向に打てるパター。ウェイト違いで2種類のモデルが用意されています。

i(アイ・アイアン)などは9月の発売予定です。
早く手にしてみたいですね。

【お問い合わせ】
PINGゴルフ
TEL:03-5916-1812
http://clubping.jp/

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る