【TESSEN】千四百年の時を紡ぐ日本古来の製鉄法「たたら製鉄」復活プロジェクト。“究極のパター”TESSEN登場。

  • 2018/6/30

島根県奥出雲地方は、1400年前より伝わる日本古来の製鉄法”たたら製鉄”が盛んな地域。かつては日本一の生産量を誇っていた。その地で田部家がたたら操業を開始してからおよそ550余年、一度は途絶えてしまった「たたら文化」を未来へ伝承していくため、たたらで栄えたこの地域にもう一度光を当てるために、ダノベータ インターナショナル株式会社の代表「田部長右衛門」氏はたたら製鉄の復興を決意。 たたら製鉄によって生産された和鋼を現代の価値にあった製品に蘇らせるプロジェクトを開始。その第一弾として、究極のゴルフパター「TESSEN(てっせん)」が誕生した。


▲田部本家第二十五代目当主 田部長右衛門氏

《たたら復活プロジェクト第一弾 究極のゴルフパター「TESSEN」》

三人の匠の技が結実した唯一無二“究極の武器”

1400年の時を紡ぐ“たたら製鉄”
日本古来の“たたら製鉄”で生成される和鉄は、村下と呼ばれる技師長の手により、砂鉄13トンと木炭13トンを土でできた炉に、三日三晩掛けてゆっくりとくべられてつくられる。

その結果、余計な不純物が排出され純度の高い“けら”と呼ばれる3トンの大きな鉄の塊が出現する。更にけら中心部は“玉鋼”と呼ばれる純度の高い炭素鋼で、主に日本刀に使用されるなど貴重な素材として珍重されてきた。
「TESSEN」ではこの1400年以前から残る伝統の製鉄法で出来た“玉鋼”を使用し削りだされる。

刀匠が鍛えし和鋼“玉鋼”(奥出雲唯一の刀匠 小林家)
奥出雲に唯一残る刀鍛冶小林家。その3代目を継承する刀鍛冶小林俊司氏。「TESSEN」に使用される“玉鋼”は、この小林刀匠の手により“折り返し鍛錬”され、鍛え抜かれた“玉鋼鋼材”となる。
“折り返し鍛錬”とは、日本刀を生成する際と同じく、玉鋼を何度も何度も叩き鍛える事により、不純物を叩き出し、焼き入れし整えていくことで刀の原型にしていく工程。
小林刀匠が手間を惜しまず、作刀する際と同じ技法で、叩いて、叩いて、叩きしめた“玉鋼”は、最高級素材“玉鋼鋼材”へと生まれ変わる。

最高の“鋼材”が“至高のパターへ生まれ変わる
島根県奥出雲地方で作り上げられた最高級の“玉鋼鋼材”は、日本屈指のパター職人のもとに届けられ製品として仕上げられる。
パターヘッドは、この“玉鋼鋼材”と主に医療用に用いられる程の耐食性を備えた高純度ステンレス“SUS316L”とのハイブリッドで作られている。
6キログラムのステンレスインゴッドから贅沢に削り出したパターヘッドに、“玉鋼鋼材”を惜しみなく削りフェースの中心に納めて「TESSEN」パターが誕生する。
最終工程は世界一と称される職人のハンドミル加工により、光の乱反射を抑える工夫が施される。

《TESSEN トゥ・ヒール型》限定10本

  • モデル名:トゥ・ヒール型
  • クラブ長さ(インチ):34
  • ロフト角:3°
  • ライ角:71°
  • ヘッド素材・製法:S316L・ネック一体削り出し
  • シャフトタイプ:ノンステップストレートタイプ
  • シャフト重さ:約115g
  • グリップ:The GRIP MASTER 約53g
  • クラブ重さ:約530g
  • 付属品:TESSENオリジナルヘッドカバー/専用収納桐箱
  • 価格:¥324,000(税・送料込)
    ※シリアルナンバー刻印

《TESSEN マレット型》限定10本

  • モデル名:マレット型
  • クラブ長さ(インチ):34
  • ロフト角:3°
  • ライ角:71°
  • ヘッド素材・製法:S316L・ネック一体削り出し
  • シャフトタイプ:ノンステップストレートタイプ
  • シャフト重さ:約115g
  • グリップ:The GRIP MASTER 約53g
  • クラブ重さ:約530g
  • 付属品:TESSENオリジナルヘッドカバー/専用収納桐箱
  • 価格:¥324,000(税・送料込)
    ※シリアルナンバー刻印

《TESSEN 購入方法》

2018年6月5日(火)にオープンしたクラウドファンディングサイト“DANDAN shopping”で購入可能だ。基本的にクラウドファンディング“たたら復活プロジェクト”への「支援」という形での購入となる。

【プロジェクトの特典】

今回チケットをご購入いただいた方には、特典として「たたらプロジェクト」の一環として新たな施設として建築を計画予定の「たたら高殿」にプロジェクトご協力者としてお名前を掲示させていただきます。

たたら高殿の建築スケジュール、お名前掲示時期等につきましては建築計画が具体化しましたら、お知らせいたします。

※現時点では、たたら高殿の建築の具体的な計画は未定です。

※下記写真は重要有形民俗文化財の菅谷たたら高殿です。お名前の掲示はこの高殿ではなく、新たな施設として建築を計画予定の高殿への掲示となりますことをご了承ください。

【問い合わせ先】
ダノベータ インターナショナル株式会社
本社: 島根県松江市魚町49番地
東京本社: 東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山レジデンス450
電話:03-5413-4277(平日10:00~18:00)
ウェブサイト:http://www.danobeta.co.jp/

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る