adabat〜違いがわかる大人の勝負服〜【NY流ファッションマネジメント】

  • 2016/10/13

adabatの2016秋冬コレクションのテーマは「心の旅~ニューヨーク編」。JAZZのモチーフや、モノトーン、NYの曇り空にも映える華やかな色味など、都会的でラグジュアリーなウェアが揃います。

■NY流ファッションマネジメントで秋冬を勝ち抜く!

newyork - 1

自分らしいファッションをブラッシュアップするために必要なのは、センスではなく知識と徹底した分析。こだわりの強いゴルファーだからこそ、その挑戦を楽しめるはず!

ゴルフトゥデイ2016年11月号でご紹介したのは、NY流のファッションマネジメントと、それを実現させてくれる9つのオススメブランドです。
今回はその中から『adabat(アダバット)』の2016秋冬スタイルをお届けします!

■『adabat』の今季コレクションは「NEW YORK」!

ベストプレーを目指すように、ファッションでもワンランク上を意識する大人に人気のブランドが「アダバット」。

今季コレクションのコンセプトは「心の旅~ニューヨーク編」です。
深いニュアンスのある色味や、きちんと感を残しつつもグッとスタイリッシュにまとめられたシルエットは、まさに大人のためのプレミアムウェアとなっています。

パートナーとのコーディネートも楽しんで、上質のゴルフライフを!

■JAZZのモチーフを随所にあしらったアートな「モノトーン」!

newyork - 41
パートナーとペアで揃えるのも、ゴルフならではの楽しみ。
男性はニットとシャツ、女性はベストとスカートに、シーズンテーマであるNY生まれのJAZZモチーフをあしらったコーディネート。
個性的な柄も黒白でまとめれば都会的でモードな印象に。マナーとして男性はジャケットも忘れずに。女性のスカートはリバーシブルだからセットアップで揃えてまた違う雰囲気を楽しめる。

(男)ニット2万9000円、長袖シャツ2万1000円、パンツ2万5000円、手に持ったジャケット4万9000円、ハット¥9500円、靴3万1000円、キャスター付き迷彩柄キャディバッグ5万3000円(以上アダバット)
(女)中綿ベスト3万1000円、ハイネックインナー1万6000円、リバーシブルスカート2万7000円、靴下2800円、靴2万5000円、ポーチ9500円(以上アダバット)

■特殊中綿「DUAL HEAT」を配合した「振れる」ダウン!

newyork - 33
体の水分を熱に変える特殊中綿とダウンをミックスした防寒ブルゾン。
肩や脇に伸縮性のあるジャージをあしらっているので、スムーズなスイングが可能。カモフラ柄とストライプを重ねたエッジの効いたプリントにも脱帽。

ダウンブルゾン4万5000円、ハイネックインナー1万9000円、パンツ2万5000円、キャップ
7900円(以上アダバット)

【DUAL HEATとは…】
素早い吸湿性能でウェア内を常にドライに保つ機能素材。特殊な中綿が吸放出を繰り返し、暖かく快適な状態を保ちます。ダウンをミックスすることにより軽さと膨らみを維持。寒い冬場も常に暖かくいられ、アウターを着ても動きの邪魔にならないのが特徴。

■NYのグレーな冬空にも映えるビビッドカラーの冬アウター

newyork - 32
鮮やかなピンクのアウターも、ゴルフ場なら嫌味なく華やかに着こなせる。スッキリとしたシルエットなのに保温性が高いのは、DUAL HEATを使っているから。脇から袖下のストレッチ素材でがどんな動きにもフィットしてくれる。胸元から見えるインナーの星柄も一層レディな印象に。

ダウン4万2000円、ハイネックインナー1万7000円、スカート2万5000円、3wayニット帽9500円、グローブ8300円、レギンス6900円、靴下1900円、靴2万5000円(以上アダバット)

Brand Data
『アダバット』
☎0120-935-325
www.world.co.jp/adabat/
株式会社ワールド

シックでありながらどこか自由で遊び心があり、時には「攻め」も忘れない。
アダバットが2016秋冬に提案するスタイルは、大人のゴルファーが持っていたい数々の美徳を内包しているのではないでしょうか。

この記事はゴルフトゥデイ2016年11月号 創刊25周年記念企画「2016 FW ゴルフファッション特集」より一部抜粋・加筆したものです。
【元記事クレジット】
構成・文/Fuki Aso(当WEB版は本文に一部加筆あり/GTネクスト編集部)
フォトグラファー/Shino Yanagawa、SHINTARO(静物)
スタイリスト/Makiko Kato、Takayuki Sekiya
ヘアメーク/Taeko Inoue
モデル/Daniel Schmeisser、Hannah Biton
コーディネーター/Masashi Nishikawa、Megumi Sato-Shelley

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る