「新・M1 440」ドライバーでグレーム・ストームが、欧州男子ツアーで優勝。

  • 2017/1/22

新『M1 440 ドライバー』で平均 301yds をマーク、  「テーラーメイド」契約のグレーム・ストームが、欧州男子ツアー「BMW 南アフリカオープン」(1 月 12 日~15 日/開催場 所: グレンダワーGC/南アフリカ)において、3 ホールのプレーオフにてローリー・マキロイを制し優勝した。07 年以来のツアー2 勝目!

新『M1 440ドライバー』を武器に平均301ydsのドライビングディスタンス、 71%のフェアウェイキープ率をマーク。単独首位でスタートした最終日、一度は追いつかれてしまったものの、3 ホー ルのプレーオフを制して優勝、2007 年以来 10 年ぶりとなるツアー2 勝目を飾った。
テーラーメイドのグローバル・ツアー・ディレクターを務めるクリス・トロットは、「バックトラックを「HIGH」ポジションにし、ロフトスリーブを 1 段階「LOWER」側に調整した結果、低スピン・高打ち出しによる飛距離アップを実現できた。ストームは、前モデルから新モデルへ違和感なく変更できたことに驚いていましたよ」と、新しい『M1 ドライバー』を適切に調整することが勝利に結びついたと説明している。 なお、今大会のストームの優勝によって、新”M ファミリー”のドライバーは昨年 12 月に米国で発表後、ツアーローンチ 2 週目に早くも初勝利を記録。昨季全世界のツアーで 49 勝 を挙げた”M”ファミリー。そのスペックの高さが早くも話題になっている。

新M1ドライバーの詳細はこちら

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。Mizuno Proシリーズの中で最も…
  2. 男子ツアーではチャン・キムがセガサミーカップで圧倒的なドライブディスタンスを叩き出し優勝。女子ツアー…
  3. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  4. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  5. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る