【RANGE ROVER】ランドローバーの新ブランド・アンバサダーにプロゴルファー藤田寛之プロが就任

  • 2017/4/10

もう細かい説明は不要だと思うが、卓越した走破性と洗練されたインテリア、最先端のテクノロジーを兼ね備えたラグジュアリーSUV、ランド・ローバー「RANGE ROVER」。ゴルフ愛好家のみならず、誰もが憧れる”スマートでおしゃれな大人”の代名詞の自動車だ。
そのランドローバーの新ブランド・アンバサダーに藤田寛之プロが起用された。

山道や急勾配の坂道といった悪路でも快適なドライビングと乗り心地。そしてリアバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートを操作できる、ハンズフリー・パワー・テールゲートといった利便性の高い機能も標準装備、ゴルフバックや荷物で両手がふさがっているときの開閉にも便利な機能も充実している。

このアンバサダー就任を受けて、藤田選手は「かねてより”RANGE ROVER”の大ファンで、2000年から所有し、現在5代目となります。今回、このようにランドローバーの新ブランド・アンバサダーに就任でき、とても光栄で本当に嬉しく思っております。トーナメントの移動にランドローバー様からサポートをいただけて、憧れのロゴを入れて試合で戦えることを夢のように感激しております。ランドローバーとともにさらなる高みを目指していきます。」とコメントした。

<ランドローバー新ブランド・アンバサダー プロフィール>

藤田寛之(プロゴルファー)


生年月日:1969 年 6 月 16 日
身長:168cm
血液型:A 型
出身地:福岡県
出身校:専修大学
所属:葛城ゴルフ倶楽部
乗車モデル:ランドローバー「RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE」

1997年の『サントリーオープン』で尾崎将司を振り切って初優勝。トッププロへの階段を徐々に上がっていき、20代で1勝、30代で5勝、そして 40代で12勝と年齢を重ねるごとに勝ち星を増やす。2010年には2勝を挙げて最優秀選手賞を獲得。2011年に史上 8人目となる生涯獲得賞金 10億円突破を果たし、2012年には4勝を挙げ43歳にしてついに賞金王の座に就く。同年の『日本シリーズ』では大会史上初の3連覇を達成。平均ストロークでも初めて1位となる。2013年は開幕前に右わき腹を疲労骨折した影響により未勝利も翌 2014年には 3 勝を挙げて2度目の年間最多勝を獲得し、賞金ランク2位と存在感を示した。ベテランらしい堅実なゴルフは多くのファンを魅了している。

<ランドローバーに関する問い合わせ先>
ランドローバーコール(フリーダイヤル):0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝を除く)

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る