【Callaway】’17マスターズの覇者、セルヒオ・ガルシアがキャロウェイに電撃移籍。

  • 2018/1/4

スペイン出身のセルヒオ・ガルシアは1980年1月9日生まれの37歳。1999年にツアープロ転向後、30勝(そのうちUSPGAツアーで10勝)を挙げている言わずと知れた世界的トッププレーヤーだ。

昨年4月のマスターズトーナメントでは、メジャー出場74試合目にして悲願の初優勝を達成。また、2年に一度開催されるアメリカとヨーロッパの対抗戦、「ライダーカップ」では、1999年以来、計8度の出場を果たし、長年にわたりヨーロッパチームの中心メンバーとして活躍している(通算19勝11敗7分け)。

ツアー中のガルシアは、とりわけ血の気が多く、試合で重要なショートパットを外すと唾をはきかけるなど、そのプレー態度を問題視された時代もあったが、それも彼の「勝つことへのこだわり」からくるものであったためメジャー制覇を成し遂げた後は、極めて紳士的なプレーヤーとして貫禄を見せている。

また、2017年10月に行われたヨーロピアンツアー、「アンダルシアバルデラマ マスターズ ホステッド by セルヒオ・ガルシアファウンデーション」では、すでにMACK DADDY 4 ウェッジとオデッセイ トゥーロン・デザインパターを使用して優勝を飾るなど、その前兆は随所に見えていが、ついにキャロウェイと用具契約を結んだ。

ガルシアは、 「キャロウェイの製品を使用することをとてもエキサイティングに感じている。さまざまなブランドの製品を試してみて、キャロウェイの製品のテクノロジーや革新性が、私のゴルフのパフォーマンスを最大限に高めてくれると確信した」と、キャロウェイ製品に対する高い評価を語っている。一方、キャロウェイゴルフ・カンパニー社長兼CEOのチップ・ブリューワーは、 「セルヒオは、20年近く、世界のトップレベルを走り、才能があり、カリスマ性のあるプレーヤー。その彼が、キャロウェイの製品でどんなプレーをしてくれるか、とても楽しみだ」とコメント。キャロウェイゴルフとともに戦うガルシアの今後のさらなる活躍に、大きな期待を寄せている。

‘17シーズンは世界のトッププロの大半をテーラーメイドの所属プロが占めていたことを考えても、これでさらに世界のゴルフツアーが盛り上がること、間違えない。

《セルヒオ・ガルシア》Sergio Garcia

●生年月日:1980年1月9日
●出身地:スペイン
●プロ転向:1999年5月
●優勝回数:30回(うちUSPGAツアー10勝、ヨーロピアンツアー14勝)
●プロ初優勝:1999年アイリッシュ・オープン
●メジャー優勝:1回(2017年マスターズトーナメント)
●ワールドゴルフランキング最高位:2位

【問い合わせ先】
キャロウェイゴルフ株式会社 お客様ダイヤル
フリーダイヤル:0120-300-147
ウェブサイト:https://www.callawaygolf.jp/

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る