【Lesson】Q&A大特集は「ドライバーの飛ばし」。ゴルファーの長年の悩みを「青木瀬令奈」がAnswer!! パート1

  • 2018/6/2

ゴルファーの長年の悩み、「ドライバーの飛ばし」。

ゴルフトゥデイ6月号の特集で9名のトッププロに気になるAnswerを聞いた!

“青木瀬令奈”編 パート:01

どんな打ち方でも飛ばしたいならずっとお腹に力を入れる。

私がみなさんに教える「飛ばし」は、スイング中、常にお腹に力を入れること。お腹といってもおヘソ周りに軽く力を入れ続ける感じです。

飛ばそうと思ってアドレス時に肩や腕に力を入れてしまったり、トップから思いっきり振り下ろすのは、スイング軌道がバラバラになってしまい、逆に飛距離が出ない原因です。

おヘソ周りに軽く力を入れると、下半身がドッシリと安定します。よけいな力は入れずに、下半身をブレさせないことを意識することで、自然といつものスイング軌道で、よりスピード感のあるスイングができます。

おヘソ周りに力を込めて。

お腹といっても範囲が広いので、おヘソ周りに力を入れましょう。腹筋全体に力を入れると、上半身まで力んでしまいます。軽く意識をおヘソ周りに持っていくだけでも十分です。

アドレスだけ力を入れる、は逆効果。

よく、飛ばしたいならアドレスでお腹に力を入れる。と聞きますが、アドレスだけでは、スイングは安定しません。ずっとおヘソに力を入れるようにしましょう。

  1. ココのおヘソ周りに軽く力を入れます。キュっと引き締める意識だけで大丈夫ですよ。
  2. 肩が突っ込んで、手振りになってしまいがちなので、トップでも継続して意識しましょう。
  3. フィニッシュまで意識しないと、スイング全体のバランスが取れません。最後まで振り抜くことを心がけてください。

ANSWERは青木瀬令奈(三和シャッター)

1993年2月8日生まれ。群馬県出身。ツアー通算1勝。

ゴルフトゥデイ最新号では、上達への近道レッスン情報が満載。6月号は「Q&A大特集」
まだまだ沢山本誌で連載中。
より詳しいレッスン情報はゴルフトゥデイをチェック!!
これであなたも80台が狙えますよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年で27回目を迎えるゴルフトゥデイが贈る“夏の鉄男祭り”、アイアンマンカップの開催を記念して「いい…
  2. すでに国内外のツアープロはもちろん、“目ざとい”アマチュアゴルファーの間でも話題となっているニューシ…
  3. タグ・ホイヤーは言わずと知れたスイスの高級時計ブランドだ。1860年に当時20歳だったエドワード・ホ…
  4. 三菱ケミカルは、プレミアム超軽量シャフトGRAND BASSARAシリーズラインナップに、GRAND…
  5. 「G-SHOCK」などリストウォッチでは定評がある「CASIO」の最新スマートウォッチである”WSD…

RSS GT-Birdies RSS

メルマガ購読

購読で豪華プレゼントなどの新着情報をメールでお届け。

ページ上部へ戻る