【Lesson】花道からのピッチ&ランのワンポイントを人気女子プロに聞いてきた。PART 01“藤崎莉歩”編。

  • 2017/12/13

80台を目指す、全てのアマチュアの皆さんに!

80台を出す上で大事になってくるのが、アプローチ。
今回は30ヤードの花道からのピッチ&ラン(コロがし)のワンポイントを人気女子プロに聞いてきた。女子プロたちのワンポイントをコースで思い出して、80台へ繋げよう!

女子プロがお助け!!
ちょっとしたポイントでアプローチがメチャ寄りますよ!

今回の実験は、上手い人と80台を目指すアマチュアに「30ヤードのピッチ&ラン」をショットしてもらい、10球中、何球がピン1メートル以内によるのか?を試してみた。

右手のヒラの向きがフェースの向きだと思ってみよう

アマチュアの皆さんはランニングアプローチというと、フォローで手首を内側にまわしてコロがそうとする人が多いですが、それは大きな間違いです。
右手のヒラはフェースの向きと同じ動きをします。なので、手のヒラを目標方向、ピンの方向にグッと押し出すイメージで打てれば自然と球は低く出て、コロがります。無理にコロがそうと手首をこねず、フェースの向きを意識してアプローチしてみましょう。

左)フェースをクローズにしてしまうと、どうしてもヒッカケの原因になってしまったり、ダフリの原因になってしまいます。
中)フェース面をキープするために、目標方向に右手のヒラを押し込みましょう。フォローだけを意識することによって、インパクト時のミスを怖がらなくなります。
右)30ヤードのピッチ&ランだと、そこまでボールを右寄りにする必要は無いです。コロがすために右寄りにボールを置きすぎるのは、ダフリの原因となってしまうので、ボールは真ん中少し右足寄りです。


▲インパクト直後の写真で、右手のヒラを目標方向に押し込んでいる。体と手が一緒に動きやすくなって、手打ちが防げる。

藤崎莉歩(フリー)
1991年12月14日生まれ。大阪府出身。ステップアップツアー1勝。3月に行われた「PRGRレディスカップ」で全美貞にプレーオフで敗れはしたが、自己最高位の2位に入った。来年でプロ入り8年目、初優勝が待ち遠しい若手の一人。

ゴルフトゥデイ最新号では、上達への近道レッスン情報が満載。「ラウンド前の女子プロ練習法」はまだまだ沢山本誌で連載中。
より詳しいレッスン情報はゴルフトゥデイ最新号をチェック!!
これであなたも80台が狙えますよ。

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. U.S.PGAツアーでツアープロに供給されている「PROJECT X ハザーダスT1100」。201…
  2. キャロウェイのウレタンのツアーボール、「CHROME SOFT ボール」「CHROME SOFT X…
  3. ブリヂストンスポーツからさらなるスピン量アップを追求したフェースミーリングで優れたスピン性能を実現す…
  4. KBSシャフト。創始者のキム・ブレーリーと言えば、あのPROJECT Xシリーズのスチールシャフトの…
  5. 7番アイアンで200ヤード超え。そんな夢のようなパフォーマンスで、ゴルフギアの概念をぶっ飛ばし、新た…

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る