【TaylorMade】DJも愛用する“MILLED GRIND”ウェッジに精悍なブラックカラーモデルが新登場

  • 2018/2/17

2017年4月にテーラーメイドから発売された『MILLED GRIND WEDGE』は、CNC(コンピューター数値制御)表面削り出し製法を採用することで、マスターモデルの形状を量産モデルに忠実に再現することに成功。またソールのヒール部分に赤いポリマーを埋め込んだ『プレシジョン・ウェイト・ポート』を設けてフェース中央に重心位置を移動したほか、フェース面においては従来モデルよりも溝と溝の間隔を狭めることで溝の数を一本追加するなど様々な改良を加え、これまで以上に高性能、高精度でバランスのとれた打感を実現している。シリーズ発売以来、世界ランキング1位を不動のものとするダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮している。
2017年4月に発売した『MILLED GRIND WEDGE』、同10月に発売したカスタムメイドの『MILLED GRIND WEDGE BRONZE』に加え、今回『MILLED GRIND WEDGE BLACK』がラインナップに追加される。(20183月上旬発売予定)

BLACKは一見するといわゆる「黒染め」を彷彿させる仕上がりではあるが、新たにQPQ処理を施し精悍なブラックカラーに仕上がっている。QPQ処理とはイソナイト処理を一段と進歩させた処理方法で、耐磨耗性や疲労強度向上に加え、耐食性は硬質クロムメッキ以上の実力があり、表面硬化と防食性を一行程で行う処理方法だ。

これまで「黒染め」はゴルファーがショートゲームに求める多様なフィーリングや、太陽光の反射を嫌うツアープロからは人気であったが、1発のバンカーショットなどで、表面の黒塗りがすぐに剥がれ、地金が露出しやすいため、サビや腐食が発生しやすく、メンテナンスに手間がかかるなど、一般アマチュアからは敬遠されがちであったが、このQPQ処理の採用により今まで以上にニーズ応えることが可能になった。

《MILLED GRIND WEDGE BLACK SB(Standard Bounce)のスペック》

販売価格:
Dynamic Gold(S200) 本体価格 ¥20,000+税
N.S.PROィ950GH(S) 本体価格 ¥20,000+税

【問い合わせ先】
テーラーメイドゴルフ株式会社
カスタマーサービスコール
フリーダイヤル:0120-558-562
ウェブサイト:www.taylormadegolf.jp

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年で27回目を迎えるゴルフトゥデイが贈る“夏の鉄男祭り”、アイアンマンカップの開催を記念して「いい…
  2. すでに国内外のツアープロはもちろん、“目ざとい”アマチュアゴルファーの間でも話題となっているニューシ…
  3. タグ・ホイヤーは言わずと知れたスイスの高級時計ブランドだ。1860年に当時20歳だったエドワード・ホ…
  4. 三菱ケミカルは、プレミアム超軽量シャフトGRAND BASSARAシリーズラインナップに、GRAND…
  5. 「G-SHOCK」などリストウォッチでは定評がある「CASIO」の最新スマートウォッチである”WSD…

RSS GT-Birdies RSS

メルマガ購読

購読で豪華プレゼントなどの新着情報をメールでお届け。

ページ上部へ戻る