【HONMA】2019モデルのTOUR WORLDがついにベールを脱いだ。注目すべきはシャフトのスパイン管理!!

  • 2018/11/15

2018年10月、本間ゴルフのアスリート向けとなる“TOUR WORLD”シリーズが、その2年ぶりとなる最新モデル“TW747”シリーズ”として発表された。
盛大とも言える発表会では、本間ゴルフ・エクスクルーシブディレクターの菱沼信之氏が登壇し、新たなるTW747の製品コンセプトに関するプレゼンテーションが行われた。

今回の新作では「TOUR WORLD」ブランドを最新テクノロジーとJapan Qualityを融合し、“優れたクラブを持つ愉しみ”と“確実な飛距離アップ”の両立を実現するため、NEWコンセプト「REALDISTANCE」を掲げ、ユーザーが本来持ち合わせている技能をより洗練されたテクノロジーで解き放ち、ゴルファーの本当の飛距離を明らかにするというもの。

プレゼンテーションではHONMA独自の「Precision Spain Alignment Technology」通称「P-SAT」について最も力強く語られていたわけだが、要約すると本間が誇る酒田工場だからこそ成し得る、ゴルフシャフトの製造工程における精密な「スパイン管理」を基軸とするものだ。


「スパイン調整・管理」とは、ゴルフクラブに精通したユーザーならピンとくる用語であるとも言えるが、カーボンシャフトの場合、炭素繊維で編んだ薄いカーボンシートを巻きつけゴルフシャフトの円柱を形成するわけだが、カーボンシートが他の部分よりも多重になり肉厚となる背骨部分(スパイン)が必ず発生してしまう。そのスパインが常に均一な方向でクラブをセットアップがされない場合、少なからずシャフトの挙動に影響を与えてしまうのだ。
今回、ホンマはクラブの設計段階からシャフトの製造工程、そしてヘッドとの接合工程まで、あらゆる過程においてスパインを徹底管理し、クラブセット全体での均一性、そして全ての番手の完成度をより高めているとのこと。

そういう視点で垣間見ると、昨今主流となっているロフト角・フェースアングル調整機能が付帯するドライバーは、通称カチャカチャと呼ばれる可変式スリーブが搭載されており、そのほとんどがシャフトとヘッドの接合部分において、シャフトを回転させ固定ことで弾道コントロールをするものだ。そうなると当然、シャフトのスパインを管理すること自体が無視されていることとなり、実際にシャフトにプリントされているロゴマークなどがあらぬ方向を向くことは致し方ないこととされているわけだ。

『TOUR WORLD TW747』ドライバーには「REALDISTANCE TECHNOLOGY」として最新技術が3つ搭載されている。

  1. シャフトを脱着・回転することなく無段階調整を可能した「ノン・ローテーティング・システム」
  2. 業界初の新素材カーボン(ET40:東レ社製)を採用したクラウンが最薄・最軽量を実現
  3. リブをフェース内に4か所配置し、フェース周りの剛性をUPした「4ファング・テクノロジー」

中でも「ノン・ローテーティング・システム」は、ホンマの「P-SAT」を実践する上で欠かせない機能となっている。
クラブヘッドのロフトを調整する為に、クラブヘッドを脱着することなく、またシャフトを回転することなく、ヘッド内に設置されたアジャスターを専用のトルクレンチで回転させるだけで完結するシステムだ。

実はホンマは同様の機能を持たせたドライバーを2010年に発売している。当時は『パーフェクト スイッチ』という名称だったが、そのシステム自体の重量が重く、ヘッドの重心距離に与える影響が大きかったためその続投は見送られていたのだが、今回の「ノン・ローテーティング・システム」では相当な軽量化を実現し、さらに微調整可能なシステムへと進化を遂げているとのこと。

本間ゴルフ酒田工場だからこそ成し得る徹底した品質管理が、緻密なセッティングを実現したTW747。一度コースで試してみたいという衝動に駆られてしまうのは当然だ。


▲諏訪博士氏からは、進化したTW747の詳細なテクノロジーに関する技術説明が行われた。


▲本間ゴルフ契約プロである、永井花奈がサプライズで登場。▼TW 747ドライバーをメディア各社の前でショットする場面も。計測器に表示された飛距離データは、彼女のドライブディスタンスを軽く上回る結果に「すぐにでも試合で使いたいです」とコメント

《TOUR WORLD TW747ドライバーの特徴》

今回発表されたTW747シリーズのドライバーは460と455の2種。型番の通り、ヘッド体積を表しているわけだが、わずか5ccの差でもその性格は全く別物といっても過言ではない。

双方のドライバーヘッドには、ノン・ローテーティング・システムに加え、カーボン製クラウンを採用し低重心化を図っているが、TW747の場合業界初となる東レ製のET40を採用。最薄で最も軽量化されているわけだが、強度確保と最適なたわみを持たせるために、クラウン内部にリブを設置している。

 
そして「4ファング・テクノロジー」を銘打つ「牙」を連想させるリブをフェースカップの4ヶ所に配置。フェース周りの剛性を向上させることを目的としており、それによりフェース面でのスイートエリアを最大化させ、反発エリアを拡大。またフェース上部でのヒット時に起こる弾道のドロップ現象も軽減することが可能となっているそうだ。

460においては、ソール部分に設置した加重ウエイトが前後に2ヶ所、9gと2.5gのウエイトを交換して設置することで、重心深度を変更できる。それによりスイングタイプやヘッドスピードごとに最適なセッティングが可能となる。
シャローなルックスと合わせ、ユーザーには安心感を高弾道・低スピン、そして高初速な弾道で最大の飛距離をもたらす設計だ。

455は洋ナシ系のルックスで、玄人好みの顔つきに加え振り抜きやすさに重き置いたモデルだが・気になる点として、455の方が460と比較すると重心深度が深く慣性モーメントが高い仕様になっている。

一般的にヘッドサイズが小さい方がよりアスリート向けに設計されており、アベレージゴルファーには大きめのヘッドタイプを推奨することが多いが、この455は小ぶりで振り抜きが良いのにつかまりが良く、深重心で強弾道が手に入るモデルとなっているので、ドライバーにやさしさを求め、かつルックスは洋ナシ系を好む方にはもってこいのモデルと言えるだろう。

シャフトに関しては、本間ゴルフ・酒田工場が誇る精密製造管理されたVIZARDシリーズが各種重量帯とフレックス、そして性格の違う3種のラインアップからベストチョイス可能だ。無論オプションとしてシャフト専門メーカーの最新モデルもオーダー可能である。

《TOUR WORLD TW747 FWの特徴》

TW747のフェアウェイウッドシリーズもドライバーに準じたデザインで新登場する。
3Wから5W、7Wに加えHLがラインアップされており、特に3W/HLにはドライバー同様、カーボンクラウンの採用と9gのウエイトビスに加え、内部ウエイトに20gがインストールされており、低重心化と深重心化が図られている。それによりより高弾道で飛距離性能に優れている設計だ。(HLは高打ち出し角モデル)
5Wと7Wは、より方向性を重要視するモデルとなっており、ロングディスタンスからでもしっかりピンの狙っていける構造だ。

《TOUR WORLD TW747 UTの特徴》

TW747のユーティリティーシリーズは、ヘッドデザインを一新。ツアープロからの意見を取り入れ、安心感のあるどっしりとした座りを採用している。また、ホーゼル部分を全モデルよりも5mmショート化しており、内部重量の最適化により打ち出し角を約2°アップさせ、より高弾道でピンを狙え、グリーン上で止まる設計だ。
ロフト角も19°~28°まで、4機種をラインアップしている。

《TOUR WORLD TW747 アイアンの特徴》

今回発表されたTW747シリーズのアイアンは「TW747 XV」と「TW747 P」の2種。コントロール性能を重視した“XV”とやさしさと飛距離の“P”から選べる。

「TW747 XV」はルックスでも分かる通り、ヘッド素材にS20Cを採用した軟鉄鍛造モデルだ。最高の打感に加え、鍛造特有の難しさをサポートすべくヘッドのトゥ側に10gのタングステンを配置している(#3~#8)。また、前作と比較してネック部分を3mm短くすることで低重心化も実現。つかまりやすく上がりやすい、そして至高の打感・打音をもたらす。

「TW747 P」はやさしく遠くへ飛ばせるディープキャビティー設計だ。ストロングロフトにより抜群の飛距離性能に加え、#4~#10は20gのダングステンをソールへ配置することにより徹底的な低重心化でしっかりと高い弾道が得られる。また、バックフェースに配置された3Dエンブレムが程よい打球音を奏でてくれる設計だ。

本間ゴルフが誇る酒田工場で徹底的に品質管理されたNew TOUR WORLD TW747シリーズは、新しいテクノロジーとシャフトスパインに及ぶ緻密な製造管理に加え、すべてのユーザーへ販売店での徹底したフィッティングによる「間違えのない」ゴルフギアの提供を重点に置いた製品群となっており、「結果に結びつく」ギア選びを希望する方には是非ともオススメしたい。

【問い合わせ先】
株式会社本間ゴルフ
フリーダイヤル:0120-941-380(9:30~17:00土日祝日除く)
ウェブサイト:http://www.honmagolf.co.jp/

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. プレミアムゴルフブランド『PXG』の日本総代理店であるPXG JAPANが、PXGの世界感を体験でき…
  2. プロギアから、ゴルフを真剣に楽しむアマチュアゴルファー向けに「RS(アールエス)」シリーズ史上もっと…
  3. Jack Bunny!!といえば、プロゴルファー中里光之介を始め、森本雄、比嘉真美子、原英莉花などを…
  4. 革新的な技術力で新しいシューズをどんどん生み出しているアディダスゴルフからまた新たなテクノロジーを搭…
  5. オークリーのカプセルコレクションの新作“THERMONUCLEAR PROTECTION 3.0”(…

RSS GT-Birdies RSS

  • GTバーディーズ2019 NEW MEMBER 第2弾 2019年3月15日
    琴すずのモデルで活躍中の美女が新たにGTバーディーズに加わります!現在は江澤ヘッドプロ指導の下、エレガントスイ […]
  • 琴すずの 2019年3月12日
    モデルで活躍中の美女が新たにGTバーディーズに加わります!現在は江澤ヘッドプロ指導の下、エレガントスイングを身 […]
  • 葉月えみり 2019年3月12日
    モデルを目指して活動中の美女がGTバーディーズのメンバーに加わります!今後は江澤ヘッドプロ指導の下、エレガント […]
ページ上部へ戻る