【DYNA GOLF】“サイバーゴルフメーカー”という全く新しいニューブランドで「ダイナゴルフ」誕生。

  • 2017/11/21

すべての性能の「究極」を追求した豪快な飛び。その名も“ダイナミクス”

公認・非公認を問わずその性能に特化し、さらにコストパフォーマンスに優れるゴルフギアを発売するワークスゴルフが、新しいブランド「ダイナミクス」を立ち上げスタートした。

ワークスゴルフといえば「飛匠シリーズ」でクラブ、ボール共にその飛距離性能で評判になっているが、今回の「ダイナミックス」ではその名の通り、ダイナミックな飛距離性能、デザインフォルム、コストパフォーマンスと、ゴルフクラブに求められるすべてにおいて“豪快かつ大胆不敵”をコンセプトとして、変化を続けるユーザーニーズに対応した製品を今後順次発売するという。

これからのゴルフ市場を担う若年層をメインターゲットとし、ゴルフへのハードルを下げ、「ゴルフの歓びをもっと若い方でも誰もが気軽に楽しめる」という環境を作るために、「飛んで、安くて、カッコイイ」という相反する3要素を叶えたクラブ造りにより、将来のゴルファーの開拓、拡大、ブランド構築を狙いとしている。
その第一弾として、「DYNAMIX DRIVER 2018」が発売となった。

《DYNAMIX DRIVER 2018の特徴》(SLE適合モデル)

限界強反発トリプルスプリングフェース搭載

まるで高反発モデルかのようなR&Aの反発規制値のギリギリまでチューニングされた周辺段階薄肉2.5‒2.7‒2.9㍉フェースを搭載。3段階のフェース肉厚にしたことで、3段ロケットのような途中からグンッ!と鋭く伸びる強反発力による驚きの飛びが体感可能。

弾くソール。新開発フォースレジリエンスグルーヴソール搭載

フェースの後方部に深く幅広の溝を施した設計により、インパクト時の溝部にスプリング効果が発生。それによりソールでもより強くボールを前へ押し出す強反発効果を発揮。鋭い球弾きにより、強烈な飛びを可能とする。

弾くクラウン。新開発ヴァリアブルグルーヴクラウン搭載

インナークラウン部にバネのように段階的に溝を施すことによりまるでシャフトのしなり戻りのようなスプリング効果が発生。限界強反発フェースと弾くソールとの前・上・下と3方向からのトリプル強反発設計で、徹底的に強反発性能の高さを追求し。

スライスレステクノロジー設計
 
弾道でも飛びを追求。最も飛ばず、諸悪の根源でもあるスライス弾道撲滅し、抜群の球の捕まり性能にこだわったスライスレス設計を実現。トゥ側肉厚を薄くしたヒール側重心設計をはじめ、超アップライトなライ角設定及び、違和感のないオフセットラインにより、オートマチックな球の捕まり性能が体感可能となり、最強反発性能と相まって思う存分豪快に振り回せるヘッドが完成。

メタル感漂う、クールでいて先鋭的な他にないデザイン
“見た目は力である”をデザインコンセプトに、クラブとしての機能設計だけではなく、「見た目」にもいかにも飛びそうなイメージが連想出来るよう、「精悍な男らしい力強さ」。を表現した、かつてない高性能デザインを投入。マットとクリアなツヤ感を醸し出す2種類のブラックに先鋭的イメージを与える鮮やかなグリーンをコンビネーション。さらに最大の意匠として、ソール部及びクラウン部には高級特殊透明ブラック塗装の奥に、さりげなく浮かび上がるメタル感溢れる鉄板模様で装飾。

また、シャフトには魂を揺さぶるかのようなトライバル柄を、統一感ある精悍なマットなツヤ感で「男のシブさ」を演出。“上質な精悍さと高級感”という「所有する歓び」までもを満たすデザインに仕上げている。

限界の飛びでいて限界のコストパフォーマンスを実現
徹底的なコスト削減と流通の最高効率化、限界までの利益率圧縮。という開発姿勢により、品質は最高レベルを維持しながら、お小遣いで手に出来るダイナミックな販売価格。という誰しもが理想とする手にしやすい超低価格を実現。

《DYNAMIX DRIVER 2018のスペック》ルール適合品

  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • ライ角:62度
  • シャフト:ダイナスティックカーボン
  • 長さ:46インチ
  • 硬さ:R・S
  • 重量:295g~305g
  • 価格:79,980円(税、送料別)
    ※インターネット限定の製造直販モデルとして、公式通販サイトではNewモデルにも関わらず76%OFFの19,980円(税込・送料別)で販売。

【問い合わせ先】
ダイナゴルフ株式会社
フリーダイヤル:0120-555-449
ウェブサイト:www.dynagolf.jp

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスからフィッティングスタジオ限定モデルのヘッドパーツEZONE GT 「P01 ドライバー」…
  2. パトリックのシューズは1892年、西仏プゾージュ村にて靴職人 パトリック・ベネトーが靴作りをスタート…
  3. テーラーメイドのパター、ウェッジ開発担当シニアディレクターである“ビル・プライス”は次のように力説し…
  4. ゴルファーがことドライバーに求める性能。それは紛れもなく卓越した飛距離と安定した方向性であることは誰…
  5. 最近のゴルフシューズはスポーティーなタイプがほとんどで、“キルティタン”と呼ばれるいわゆる“砂よけ”…

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る