【PGM】ゴルフのある人生を一人でも多くの人々へ。PGMグループ全ゴルフ場に「ピンクティー」を導入

  • 2018/11/17

「Love Life, Love Golf」の理念のもと国内で139ゴルフ場 (18ホール換算 170コース)のゴルフ場を運営しているPGMグループ。今回PGMが運営する全ゴルフ場でピンクティーが導入された。既に一部のゴルフ場ではピンクティーの導入が始まっていたが、2018年11月より全ゴルフ場で使用が開始となった。

従来のティーより短い距離でプレーができるため、年配者や小さなお子様など様々な技量や年齢層のゴルファーが一緒にプレーを楽しむことができる。

「ピンクティー」からグリーンまでの距離は従来のティーより短く設定、18ホールパー72 のコースにおける総距離では3,600 ヤード前後を目安に設定している。

○ピンクティーの従来ティーとの距離比較

  • ショートホール(パー3):100 ヤード前後
  • ミドルホール(パー4):200ヤード前後
  • ロングホール(パー5):300 ヤード前後

「ピンクティー」の設置により、「ゴルフを始めたばかりでコースでプレーする自信がない」、「子供や孫と一緒にプレーしたい」、「最近コースの距離が長いと感じる」 という声に対応。より多くのゴルファーがゴルフを楽しむことができるようになった。

また「チャンピオンティー」、「バックティー」、「レギュラーティー」、「フロントティー」、 「レディスティー」、「ピンクティー」の最大6つのティーイングエリアが選べるようになり、よりプレーを楽しめる環境が整った。
次のラウンドは家族や友人とPGMのゴルフ場へ足を運んでみてほしい。
※ゴルフ場によっては6つ以外の設定もあり。
※競技規定によって定めがある場合は除く。
※「チャンピオンティー」、「バックティー」は使用制限あり。

【問い合わせ先】
PGMグループ 代表受付
電話:03-4413-8800
ウェブサイト: https://www.pacificgolf.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年で27回目を迎えるゴルフトゥデイが贈る“夏の鉄男祭り”、アイアンマンカップの開催を記念して「いい…
  2. すでに国内外のツアープロはもちろん、“目ざとい”アマチュアゴルファーの間でも話題となっているニューシ…
  3. タグ・ホイヤーは言わずと知れたスイスの高級時計ブランドだ。1860年に当時20歳だったエドワード・ホ…
  4. 三菱ケミカルは、プレミアム超軽量シャフトGRAND BASSARAシリーズラインナップに、GRAND…
  5. 「G-SHOCK」などリストウォッチでは定評がある「CASIO」の最新スマートウォッチである”WSD…

RSS GT-Birdies RSS

メルマガ購読

購読で豪華プレゼントなどの新着情報をメールでお届け。

ページ上部へ戻る