【Smart Putter】科学の力でパッティング力強化!「Smart Putter」はクラウドファンディングで発売中!

  • 2019/1/8

時間は大切にしたいという場面に「タイム イズ マネー」という言葉を使うが、ゴルフでは時間同様パッティングがスコアメイクには重要。「パット イズ マネー」という言葉もよく耳にする。自宅で地道に練習を重ねているゴルファーも多いことだろう。単調になりがちなパター練習だが、「もっと楽しみながら練習できたら…」と考えているゴルファーにぴったりの商品が「Smart Putter」だ。

■Smart Putterとは?

「Smart Putter」はモーションセンサと通信モジュールが内蔵されたパターとスマートフォンアプリをペアリングして使用するパター練習器具だ。

自身のパッティングについての3D分析が可能になるのでセルフコーチングに利用したり、パッティングゲームで楽しくパッティング力が強化できる画期的な商品である。
またSmart Putter本体にはLEDとレーザーポインターも内蔵されているので、正確な目標点の設定やストロークの確認やパターヘッドの水平状態の確認などもしやすい。
アプリとの組み合わせだけでなく、単体でも手軽に使うことができる。

■アプリと組み合わせてできること

○アバター同期、及び3D分析

アプリ上ではアバターを作成する。そのアバターとリアルタイムで同期が行われるので自身のパッティングストロークの様子をアバターで確認することが可能。
また、3D分析でパッティングのインパクトまでのFace Angle、Path Angle分析ができる。ボールが思った方向にいかない等の悩みに対する理由も分析結果から修正点を見つけることができるだろう。

○パッティングゲーム

分析機能の他にパッティングゲームも搭載。

ターゲットモードではターゲットまでの距離によってポイントを獲得することができたり、直進性を強化する練習モードや、リアルなグリーンの特徴、温度、風、ライまで適用されたパッティングシミュレーションゲームなど多彩なゲームモードで楽しくパッティング練習をすることができる。

■最先端のテクノロジー

Smart Putterは2014年から開発が始まり、その後3年の研究開発を重ね、アメリカ、韓国、中国で5件の特許を登録、及び出願している。

Swing Monitoring System and Golf Club、Patent # 10-1856081 Smart Putter for Golf Club、Patent # 10-2017-0106525 Swing Speed Variable Smart Swing Exerciser and Method System)

テクノロジーも最先端だが、販売に関してもクラウドファンディングで実施しており、こちらも最先端だ。既に目標金額は370%OVER(*)で達成しており、プロジェクトは成立している。この機会に入手してみるのはいかがだろうか。
*2019年1月7日現在

Smart Putter紹介動画

《Smart Putter仕様》

《使用者の感想》

【クラウドファンディングの実施概要】
主催:株式会社ヤベツジャパン
メーカー:SmartGolf LLC
募集期間:2018年11月30日(金)~2019年1月15日(火)
発送:2019年3月以降
クラウドファンディングサイト:https://greenfunding.jp/lab/projects/2575

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年で27回目を迎えるゴルフトゥデイが贈る“夏の鉄男祭り”、アイアンマンカップの開催を記念して「いい…
  2. すでに国内外のツアープロはもちろん、“目ざとい”アマチュアゴルファーの間でも話題となっているニューシ…
  3. タグ・ホイヤーは言わずと知れたスイスの高級時計ブランドだ。1860年に当時20歳だったエドワード・ホ…
  4. 三菱ケミカルは、プレミアム超軽量シャフトGRAND BASSARAシリーズラインナップに、GRAND…
  5. 「G-SHOCK」などリストウォッチでは定評がある「CASIO」の最新スマートウォッチである”WSD…

RSS GT-Birdies RSS

メルマガ購読

購読で豪華プレゼントなどの新着情報をメールでお届け。

ページ上部へ戻る