【Callaway】ついにEPIC FLASHの詳細が明らかに!! キャロウェイのNewモデルドライバーはAIデザインによる最高初速モデル。

  • 2019/1/9

2017年、衝撃的な技術革新で世界中のドライバーのトレンドを塗り替えたと言っても過言ではない、キャロウェイのGBBエピック。そのNewモデルが2019年に登場するとあって、世界中のゴルファーの注目を集めていたのは紛れも無い事実だ。

革新的とも言える二本の柱「JAILBREAKテクノロジー」はGBBエピックに始まり、2018年モデルとして登場したローグシリーズに継承され、よりやさしいドライバーとしてアップデートされていたわけだが、2019年モデルはその名もEPIC FLASH(エピック フラッシュ)ドライバーと名をうち、紛れもなくエピックの後継モデルとして発表されたのだ。

2018年12月頃からティザー告知として「ドライバーはAI時代へ。AI Design」の映像がソーシャルネットワークを中心にばらまかれており、国内でも多数のゴルファーが「AI?人工知能?」と大きな疑問を持ち続けていたことだろう。

実のところ筆者も「何故?ゴルフクラブに人工知能?」と、かなり腑に落ちない疑問を持ち続けた年末を過ごしてきた。

2019年1月8日。東京六本木のイベントホールにて、その詳細が明らかとなった。

New EPICも前作同様、3タイプでの発売となる

キャロウェイの独創的な技術革新「AIデザイン」による“FLASH フェース”テクノロジー

キャロウェイゴルフ マーケティング部 プロダクト担当の寺門氏から製品の詳細なプレゼンテーションがあった。

今回の新作ドライバーで最も進化したのが、ドライバーのカップフェースだ。
フェース裏面に、左右非対称で波打つ独特な凹凸を持つ「FLASH フェース」を採用。これは、ボール初速を最大化することを目的に、AIが自己学習を繰り返して導き出した形状とのこと。
通常、人が開発において設計と修正を行う場合、8~10回が限界と言われているが、キャロウェイの技術チームは人工知能とスーパーコンピュータを用い、なんと同じ行程を15,000回も実行。人にはとても思いつかない、驚きのフェースデザインが誕生した。
また、このフェースは特殊なチタンを鍛造しており、595℃で2時間熱処理することで、たわみ、反発、耐久性にすぐれたものに形成されてるそうだ。

キャロウェイゴルフ R&Dスタッフエンジニア“ジム・セルーガ”氏。

発表会に特別ゲストとして招かれた米国キャロウェイの製品開発部門の担当からの説明によると、現存するドライバーの反発規制内で最もボール初速を高め、なおかつ製品としての耐久性を保持するために、人工知能による設計とスーパーコンピュータによる演算を実行したそうだ。なにやらこの演算を一般的なコンピュータで行うと34年の時間がかかるという。
なお、演算に使用したスーパーコンピュータは自社保有のモノというから、その本気度合いが伺える。

AIデザインによるフェース裏面。他に例を見ない水面の波紋のような形状に

■JAILBREAK テクノロジーとSubZeroにも採用されたペリメーター・ウェイティング

GBBエピック、そしてROGUEと2世代に採用されているテクノロジーをエピックフラッシュにも採用しいる。二本の柱、JAILBREAK テクノロジーは、今回新開発の「FLASH フェース」とのマッチングに合わせて最適化されている。

またGBBから採用された可変式ウエイトである「ペリメーター・ウェイティング」はGBBエピック、ローグにおいて、SubZeroには採用されていなかったが、今回のエピックフラッシュからはSubZeroにまで採用され、より“扱いやすい”SubZeroに生まれ変わっているそうだ。

■アップグレードされたトライアクシャル・カーボンクラウン

GBBエピック、ローグシリーズでクラウン部分に採用されたトライアクシャル・カーボン素材をエピックフラッシュにも採用。強度、剛性を保ちながら、軽量化を図ることが可能となり、それにより生まれた余剰重量をヘッド内部への慣性モーメントを最大化させるための適正重量配置を実施。特に今回はカーボンの編み込みがさらに細かいT2Cカーボン採用し、さらなるアップデートに成功している。

今回発売となるエピックフラッシュはGBBエピック、ローグのシリーズと同様、3タイプでの発売となる、やさしく扱いやすいエピックフラッシュ・スター、スタンダードモデルのエピックフラッシュ、そして低スピン・強弾道のSubZero。

こちらも前作同様となるが、“スター”にはロフト角や弾道調整用の可変式スリーブの装着は無し。またSubZeroには後方に配置された可変式ウエイトの他に、フェース寄りにウエイトが配置されており、重心距離が短くヘッドの返りが早いという特性だ。スタンダードモデルのエピックフラッシュは数量限定での発売となる。また女性向けのハイロフト、ライトウエイトモデルも、全モデルと同日の2019年2月1日発売予定となる。

なお、近日中に一般アマチュアがこの新作、エピックフラッシュを実際に使用してどのような結果が出るのかテストする予定なので、楽しみにしていてほしい。

【問い合わせ先】
キャロウェイゴルフ株式会社 お客様ダイヤル
フリーダイヤル:0120-300-147
ウェブサイト:https://www.callawaygolf.jp/

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. キャロウェイのNEW APEXアイアンが前作から3年の開発期間を経てそのベールを脱いだ。2代目「A…
  2. 材料開発からの一貫生産を可能とする三菱ケミカルのカーボンシャフト。マニアックなファンを多勢に有する…
  3. キャロウェイアパレルといえば言わずと知れた大人気ブランドで、アウター・トップス・ボトムスからフット…
  4. テーラーメイドといえば毎年革新的な新製品を世に送り出し、しかもその製品のどれもが全く新しいテクノロ…
  5. 2017年、衝撃的な技術革新で世界中のドライバーのトレンドを塗り替えたと言っても過言ではない、キャ…

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る