【Cleveland】日本の芝で最大限の性能を発揮する「最適設計」の“日本向けモデル”ウエッジが登場!!

  • 2019/2/5

高いスピン性能とコントロール性能を持ち、国内外のツアープロから高い評価を受けている「クリーブランドRTX 4」ウエッジに、日本向けの機能を搭載し、操作性と打感にこだわったS20C軟鉄鍛造モデル「クリーブランド RTX 4 FORGED ウエッジ」が追加発売される(3月16日発売)。

メーカー希望小売価格は「ダイナミックゴールドシャフト」装着モデルが19,000円+税、「N.S.PRO MODUS3 TOUR105 スチールシャフト」装着モデルが20,000円+税。加えて、ツアープロも使用する人気のノーメッキモデルも特注にて販売するほか(アップチャージ 4,000円+税。3月18日特注受付開始)、バックフェイスの刻印色を選べる「MY RTX」にも対応する(アップチャージ 1,000円+税。3月1日受付開始)。

優れたスピン&コントロール性能はそのままに、日本のゴルファーのための機能が満載!!

「クリーブランド RTX 4 FORGED ウエッジ」のウリは、なんといっても日本のゴルフコースで高い性能を発揮するための「最適設計」だ。日本のゴルフコースでは球が芝に浮きやすく、インパクト時の打点位置が上下にブレやすい傾向があるため、このブレに対応するべく「フェース面積の拡大」と、上部に厚みを持たせた「逆テーパーブレード設計」を採用。その結果、スイートエリアが拡大したことで、フェース上部でのヒットでも安定したアプローチを可能にしているという。

また、あらゆる条件下で優れたスピン性能が発揮できるよう、フェース面には3つのテクノロジーを搭載。一つ目はフェースの粗さを向上させる2種類のフェースミーリング、2つ目はさらに摩擦力をアップさせるための精密なレーザーミーリング、そして3つ目は、RTXシリーズの中でも最も深い溝設計だ。これら3つのフェーステクノロジーにより、ウェット条件下でもすぐれた安定性を発揮できるとか。

さらに、飛距離のバラつきを抑えるための設計にも注目だ。ネック側にある余剰重量をヘッドに最適配分したことに加え、トレーリングエッジの余剰重量をトウ側に配置。重心位置を、ヒール寄りからよりセンターに近づけたことで、オフセンターショット時においても安定した飛距離コントロールを可能にしている。

■契約プロで使用予定の新垣比菜も大絶賛!!

契約プロの新垣比菜も「今まで使っていたウエッジと比べてコントロールしやすく、球が楽に上がります。打感も柔らかくてミスヒットしても飛距離が落ちません」とべた褒め。

あなたにとっても“頼れる1本”になるか!?

《「クリーブランド RTX 4 FORGED ウエッジ」の概要》

【問い合わせ先】
(株)ダンロップスポーツマーケティング カスタマーサービス部
フリーダイヤル:0120-653045 (10:00~12:00 13:00~17:00 ※平日のみ)
ウェブサイト:https://www.clevelandgolf.co.jp/

関連記事

メルマガ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、豪華プレゼントなどの新着情報をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. タグ・ホイヤーは言わずと知れたスイスの高級時計ブランドだ。1860年に当時20歳だったエドワード・ホ…
  2. 三菱ケミカルは、プレミアム超軽量シャフトGRAND BASSARAシリーズラインナップに、GRAND…
  3. 「G-SHOCK」などリストウォッチでは定評がある「CASIO」の最新スマートウォッチである”WSD…
  4. 桜の便りも届き始めたが、ゴルフ界でも2019年シーズンのメジャー初戦の開幕が迫ってきた。アディダスゴ…
  5. 2018年の発売以来高い人気と評価を確立しているEXOパターに新たに7モデルがラインアップされる。既…

RSS GT-Birdies RSS

ページ上部へ戻る